講談社 青い鳥文庫 シリーズ第1弾

『ポレポレ日記(ダイアリー) いざ、流星学園へ!』

倉橋燿子 著 堀泉インコ 絵

story

ダンス部に憧れて、流星学園中等部に入学した朝比奈 柚。恋や友情に、毎日笑ったり、泣いたり、落ちこんだり。完璧な姉と比べられながらも、自分らしさを見つけようともがく、柚の学園ストーリー。

――わたし、ほんとうの自分を見つけられるのかな。この学校で。

講談社 青い鳥文庫 シリーズ第2弾

『ポレポレ日記(ダイアリー) 友だちごっこ』

倉橋燿子 著 堀泉インコ 絵

story

体育祭を目前に、主人公柚たちダンス部員は、応援団員となって全力投球。ところが、応援団に入ってきた同じクラスの梨捺は、柚の恋する蓮先輩と親しげな様子。幼なじみだと知った柚の気持ちはあせるばかり。しかも、仲良しの桃ちゃんの様子がヘン・・・。

恋も友情も、いったいどうなっちゃうの?

講談社 青い鳥文庫 シリーズ第3弾

『ポレポレ日記(ダイアリー) それでも大好き』

倉橋燿子 著 堀泉インコ 絵

story

蓮(れん)の幼なじみの梨捺(りな)は、体育祭で蓮たちと踊ったことをきっかけに、止めていたダンスを再び始めることに。柚(ゆず)を敵視する梨捺は、蓮だけでなく、柚と仲良しの葵(あおい)にも急接近。夏合宿で、柚は浜辺にいた蓮と梨捺を目撃してしまい・・・。

――恋ってなかなかうまくいかない。忘れることができなくて、きょうも、また見つめてしまう。

講談社 青い鳥文庫 シリーズ第4弾

『ポレポレ日記(ダイアリー) 運命のいたずら』

倉橋燿子 著 堀泉インコ 絵

story

夏の合宿で、蓮と梨捺の間に強いきずながある
ことを思い知った柚は、蓮への思いを断ち切ろうと
するけれど、なかなかできずにいた。
そして、秋の大会に出場するギャラクシーの
新メンバーが発表になって……。

自分の気持ちはとめられない。
あきらめたいのにあきらめられない。
心はブランコのようにゆらゆらゆれる。

講談社 青い鳥文庫 シリーズ第5弾 

『ポレポレ日記(ダイアリー) わたしの居場所』

倉橋燿子 著 堀泉インコ 絵

story

車のブレーキの音。わたしをよぶ、蓮先輩の声――
気がついたら、ベッドの上にいた。

大会の帰り道、交通事故にあってしまった柚。
「いつもがんばる柚」は、もういない。

がんばれないわたしに、居場所はないんだ……。

そして柚が決断したことは?

「ポレポレ日記」シリーズ感動の完結編!


ためし読みは、青い鳥文庫公式サイトから!




皆さんの感想をお待ちしております!

『ポレポレ日記』の感想は、講談社青い鳥文庫サイトにある
おたよりフォームから送ってくださいね。

http://aoitori.kodansha.co.jp/


寄せてくださった感想は、宣伝物やサイトで掲載される可能性があります。
本名を出したくない場合は、かならずペンネームを書いてね。
感想を掲載されたくない場合は、下記住所あてに郵送してください。


〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21
講談社 青い鳥文庫編集部 倉橋燿子先生 あて


倉橋燿子先生へのメッセージや他の作品の感想は、

左記メールフォームから送ってね。


Site Map