毛糸のパンツ!?

From 倉橋燿子


先週末は、寒かったですね~。


センター試験を受けていた受験生も、
雪で試験が遅れたり、会場に行き着くまでが
大変だったりと、本当にお疲れ様です!

そして、これからが受験本番。
今日も各地で雪が降るくらいの寒さだし、
風邪やインフルエンザなどにならないよう、
どうか体調には気をつけて……。
時には、気分転換もね!


それにしても、こんな寒さでも、
学生の皆さんは本当に元気だな~って、
改めて感心。


先日、ホームで電車を待っていたら、
帰宅中の中学生や高校生の女の子たちが
たくさんいて、みんなコートは着てたけど、

脚がナマ足!!

この寒い日に、さ、さ、寒そう~っ!って
見ているだけで震えてきそうになっちゃった。

でも、これって今に始まったことじゃない。
私の学生時代も、“ナマ足”だったんです。
しかも、校則ではタイツも禁止。


母は口癖のように、

「女の子は下半身を冷やしたらいけん。
 毛糸のパンツを履きんさい!」

と口やかましく言い続けていたっけ・・・。

だけど、毛糸のパンツなんて、

「そんなオバサンぽいのは、
 絶対にイヤ~~~~~~~!」

と私も断固反対。


でも、母に抵抗し続けるのもなかなか大変で、
ついに私は決意。

校則を変えることにしたのです!!



で、どうやって変えたかというと・・・

生徒会の副会長になって女子会の会長になれば、
校則を変えることもできる!と思い立ち、
エイヤと勇気を出して立候補。

「制服のルールを変える運動を起こそう!」

ってみんなに声をかけたら、
女子はみんな、拍手喝采!

そこで、みんなの声に背中を押され、
学校に掛け合った!!

で、晴れて校則を変えることに成功~!



タイツ禁止なだけじゃなく、白いソックスを
短く三つ折りにしなきゃダメだとか
スカートの丈は膝下10㎝とか。
髪はロングの人は三つ編みじゃなきゃダメだし、
セーラー服の上には、白の襟カバーを付けなきゃ
いけないだのと、細かいルールがいっぱい。


それを、こんなふうに変えました!


★ タイツOK。靴下の長さ、自由

★ スカートの丈、自由

★ 髪型、自由

★ セーラー服の襟カバー、自由。 

この時の充実感&達成感は、最高だったなあ~。



なーんて、寒いという話から、
すっかり話がそれてしまった……。


そんな話を我が家でしていたら、
スカートの下は、毛糸のパンツではなく、
ブルマを履いてたっていう人。
バスケ部のハーフパンツみたいな
“バスパン“というのを履いてた人。
ジャージを履いていた人。
いろんなバージョンがありました。


本当のところ、みんなどうしてたんだろう??
気が向いたら、みなさんのバージョンも
教えてくださいね~(^^)/



ちなみに、

「下半身は冷やしたらいけん」

という母の口癖は大正解!


あの時に毛糸のパンツを無視した罰か、
歳を経て、足の冷えに悩まされる日々……。

真夏でも、毛糸の靴下が
定番になるなんて~(>_<)


今では『極暖』とか『起毛』と
名の付く商品は、超敏感にチェック。
おかげで相当詳しくなっている。


そして……
気づけば、娘やスタッフたちに
母と同じことを言っていた。


「下半身は、絶対冷やしちゃダメよ!」



私への感想やご意見は、コチラにどうぞ★

        ↓↓↓