わが家は 目下,外壁改修工事中

From 倉橋燿子

今日も朝から
トンテンカンテン、トンテンカンテン、
カーン、ゴーン、ズリズリーー……。
左から右から、上から下からと、
にぎやかに鳴りひびいている。


わが家の築30ウン年の、
ある意味、老朽化したマンションは、
10月から大がかりな外壁改修工事が
始まっている。


毎日窓も開けられない、
洗濯物も外に干せない生活が、
何ヶ月も続くなんて、長すぎる~。
工事が始まると、一気にマンションの
壁すべてに足場が組まれ、
みるみるうちにマンションを覆った。
外から見ると、グレーの鉄骨で
囲まれた要塞みたい。


夜型人間のわたしは、
朝8時頃から壁の向こう側で
作業している工事のおじさんの、
ギー、ギー、トントントントン、
ズリリリ、カーン!
という音にも負けず、
グッと我慢してベッドで目をつむる。


時折、工事のおじさんの独り言すら
聞こえてくる。

「あーっ、これじゃねぇな~。
 しまったなぁ~~」

おじさんの独り言に耳をすませていたら、
気になってすっかり目が覚めてしまった。


ベッドから出てリビングに移動し、
朝のコーヒーを飲む。

「ふぅ~~」

この一杯がないと、なかなか起きられない。


ソファーでくつろいでいたら、

「ん……?」

真横のベランダに、若いお兄ちゃんが!


ひゃー、うそでしょーー(>_<)
こんな近くで作業するんだ!


うぅ……、すっかり油断してた。
寝起きのパジャマ姿が丸見え。
今さら、恥ずかしくてカーテンも引けない。



仕事の時も、同じくこの状態。

窓の外を眺めていたら、
ヒョイッとヘルメットを被った
おじさんが現れた。


ウワーーッ!!!(゚Д゚) 
なになに? こっちもダメか!


あーん……。
どこへ行っても、工事の人と鉢合わせる。
あまりにも近すぎて、
おじさんから目がそらせない。


「あはは、どうも~」


なんて、愛想笑いをしてみたものの、
このあといったいどうすれば……(--;)

これじゃあ、
全然仕事に集中できないよ~(~o~)


内心、泣きたい気持ちになった。

だけど、ここ10階なんだよね。
こんな上空で、窓ごしに挨拶する構図も、
ヘン過ぎだよ……。



でも、最近は工事の人の目を気にしてか、
起きたらすぐに着替えるようになった。


若いおにいちゃんに見られてもイイように、
ちょっとオシャレしちゃったりして……(^^)


やっぱり、いくつになっても
人の目は気になるもの。
でも、そのおかげで生活に
メリハリがついた気がする。


たまにはこういうのも、いいっか!


【倉橋燿子・作品】