パセリたちの誕生日

From 倉橋燿子

7月7日、パセリ伝説をずっと応援してくれているみなさんから、

パセリたちへの誕生日メッセージをたくさんいただきました。

本当にうれしかった。

今年もお祝いしてくれて、ありがとうございました!


『パセリ伝説』の1巻目が発売されたのが、2006年10月。

私にとっては、初めてのファンタジーということもあり、

1巻目を書き上げるのは、かなり苦戦・・・。

何度も何度も、書いては直し、書いては直しで、

まさか12巻まで続き、さらに外伝まで発売されるとは思ってもいませんでした。

しかも、パセリたちの誕生日に、ちょうどタイミング良く、

『パセリ伝説』重版分の見本が届くとは!

それもこれも、ずーっとパセリたちを応援してくれた、みなさんのおかげです!

今はもう、高校生や大学生、社会人になっているみなさん、

そして今読んでくれている小学生、中学生のみなさんに、改めてこの言葉を贈ります。


「わたしはたまたま、分かりやすいように青い星をもって生まれてきたけど、マリモちゃんにだって、目には見えないマリモちゃん色の星が必ずあるはずよ。マリモちゃんにはマリモちゃんの願いや使命があるの」


覚えている人は、もう分かったかな?

これは、6巻のパセリがマリモに別れを告げる時の言葉で、

実は、自分でも書きながら泣いてしまったシーン。^^;

目には見なくても、一人一人、それぞれの色の星があるはず。

そう信じて、私もずーっと応援していますよー!


さて、私は今、ファンタジーではなくリアル中学生の物語に挑んでいるところです。

と言っても、もう4巻目が来月発売します!

『ポレポレ日記(ダイアリー)』シリーズ。

サブタイトルは、『運命のいたずら』。


みんなも、「自分ってなんだろう?」「友だちって何だろう?」「恋ってなんだろう?」

なーんてこと、考えたことあるんじゃないかな?

そんな疑問を抱きながら、ユズは少しずつ答えを見つけていくのですが、

今回の巻で、ユズの心は大きく揺さぶられます。

恋のことも、ダンスのことも・・・!?


『パセリ伝説』の読者だった皆さんの心にも、響く何かがきっとあるハズ。

私も、かなり気合いを入れて書いたので、ぜひぜひ楽しみにしていて下さいね。

(Photo:『ポレポレ日記(ダイアリー)』シリーズ 1~3巻)