執念の白菜


From 倉橋燿子


「きのう、白菜食べたでしょ」


腸の検査をした後、先生に言われた。
どうやら、わたしの腸壁に
2枚の白菜がへばり付いていたらしい。


10年以上前、一度大病を患ったことがあり、
それ以来、毎年一回検査を受けている。
この検査がイヤすぎて、先延ばしにして
いたんだけど、春になって暖かくなったから
さすがにもう行ったほうがいいと家族に言われ、
ようやく重い腰を上げて、検査を受けた。

それが、この事件の発端。


だけど、どう思い返してみても、
きのう、白菜は食べてない。


先生にも、そう言ったら、
「でも、白菜がばっちり、
 “はくさい~~!”って感じで付いてましたよ。
 これは誰が見ても白菜にしか見えませんよー」


有無を言わさぬ勢いだ。


胃カメラの写真を見たら、
確かに、白い茎の部分が肉厚な白菜で、
大きいのが2枚、ペタペターッ
と貼り付いていた。


噛まずに呑み込んだのかしら……。
もしくは、噛み切れてなかったのか……。

そう言えば、噛み合わせが悪くなっていて、
歯医者に行かなきゃとは思っていたんだった。



そうして、よくよく考えてみたら思い出した。
3日前、白菜漬けを食べたんだ。


えっ、でも待って。3日前よ。
3日も経ってるのよ?
それがまだ消化もされずに、
白菜の形状を保ってるってこと?


先生に伝えると、
「頑固な白菜ですね~」
と、妙に感心したように言い、
改まってわたしの顔を見る。


「その白菜の下に何があったのかが、
 僕は気になって気になって……」


というのは、内視鏡を入れた時、
私の腸壁にポリープが発見された。
良性だったけど、放っておくと成長して
悪性に変化する場合もあるからと、
検査中に内視鏡の先端で、切除してもらった。
だから、特に今のところ心配はない。


でも、先生は、その貼り付いた白菜の下に
ポリープが隠れているかもしれないと、
それを心配しているのだ。


「白菜さえなければなぁー。
 僕は、アレがど~~しても気になるんですよ。
 検査の時に、内視鏡でなんとか白菜を
 取ろうとしたんですけどね。でも、
 うまく引っかからなかったんですよー。
 白菜が腸に同化してましたから」


えっ!? 白菜が腸に同化!?
今、私の腸の一部は白菜でできてるってこと!?


“白菜”を何度も連発した先生は、頷いて、
「来年、年明けくらいに再検査しましょうか」
と言った。


が、すぐに先生の表情が曇った。
「ダメだ。
 1月といえば、その頃も白菜の季節だ…」


た、たしかにそう。先生、鋭い。
しかも、わたしは無類の鍋好き。
冬は、ほぼ毎日のように白菜を食べる。

年明けの案はすぐに却下され、
「検査は寒くなる前にしましょう」
ということで合意した。


そして、先生の最後の一言。

「これだけ野菜が形状ごと残っている人、
 僕は、初めて見ましたよーー!」



はぁぁ、、、
なんか、すいません……(>_<) 

わたしの本名を忘れても、
「あの白菜の人ね」と言われそうなくらい、
白菜インパクトが付いてしまった。


おそるべし、白菜の執念……。

でも、さすがに執念深い白菜も、
次の検査の頃にはなくなってるよね?
もしかしたら、ほかの野菜が
へばりついてたりして……。