【4コマ】ドジの達人

From 倉橋燿子


家の中でも、外でも、
いつも何かを探している、
“失くしもの大将”のわたし。


見つかることも多いけど、いつも
「こんなところにっ!?」
と思うようなところから発見される。



自宅のカギをなくして、
家中を探しまわった時も、
最終的には、玄関に立てかけられた
傘の中から出てきた。(~o~)


お気に入りのガーネットの
クロスのペンダントをなくした時も、
年末の大掃除中、飾り棚の下から、
埃といっしょに見つかった。(+_+)




先日も、こんなことがあった。



駅へと急いで歩きながら、
Suicaが入ったお財布を
出そうしたら、案の定ない。



うわー、またヤッテしまった!! 



戻ってる時間がないので、
すぐさま家に電話。



「あっ、もしもし? ごめんねぇ~~。
 またお財布忘れちゃったのよー。
 たぶん、机の上に置いてあると思うから、
 駅まで持ってきてもらえる?」 



電話の向こうのスタッフに、
ペコペコと頭を下げる。



探すのにちょっと時間が
かかったみたいだけど、
無事に持ってきてもらえたおかげで、
ギリギリ間に合って一安心。



だけど、、、
どこにあったか、聞いて驚いた。




「お財布、結局どこにあったの~?」


「それが、、、
 玄関のドアに挟まってたんです。。。」 




え゛っ!!!



え゛ぇっ!!??



「え゛ぇぇーーーー!? 玄関のドア???」




予想外の答えに、
二度聞きしてしまった。



「はい、、、机の上になくて、
 部屋じゅう探してたら、
 玄関のドアが開いてるのが見えて……。
 閉めに行ったら、ドアの下のほうに
 お財布が挟まってたんです。
 しかも、浮いて……」





ウッソォォ~~~~!!! (゚o゚;)



お財布が落ちるタイミングで、
うまいことドアが閉まったということ?


まさに、ミラクル!!



「そんなことってありえる!?
 レジェンドだよ、これは……(゚Д゚)」



その晩、家族に話したら、呆れるのを
通り越して、心底、感心された。




わたしって、
ドジに関しては、天才的かもしれない。



直るどころか、
もはや達人の域に入ってきた。