感謝のキモチ。

From 倉橋燿子

7月ももう後半。
学生のみなさんは、
もうすぐ夏休みですねぇ~。


7月7日の七夕は、『パセリ伝説』の
主人公パセリと双子の妹ミモザ、
そして五星獣たちの誕生日。

完結してから何年も経っているのに、
毎年、パセ伝ファンのみんなから、
忘れずに届くお誕生日メッセージ・・・・・・。


本当にありがとうー!


今年も、メールやTwitterなどで
たくさんのメッセージを拝見しましたよー。


よくお便りやコメントを送ってくれていた、
懐かしい名前が飛び込んでくる度に、
とってもうれしい気持ちになります。
みんな、元気にしているんだなぁ~。




Twitterを見ていると、過去の作品への
コメントがけっこうたくさん書かれていて、
おどろきと同時に、とっても励まされて、
むくむくと元気をもらっちゃった。


小中学生が過去の作品の感想を
書いてくれたり、
社会人や母親になってから、
昔読んだ本が懐かしくて
読み返してくれたりと、
本当にうれしい限り。


『パセ伝』の読者のみなさんはもちろん、
『青い天使』や、もっと前に書いた
『ペガサスの翼』。青い鳥文庫でわたしが
初めて書いた『いちご』など・・・・・・
過去の作品も、こんなふうに読み続けて
もらえるなんて、本望です!


それから・・・・・・
先日、こんなお手紙をいただきました。


『パセ伝』が忘れられない!という
千葉県在住のA.Hちゃんからです。

なんと、『パセ伝』ファンのA.Hちゃんの

お母さんは、私の初期の作品、
『風を道しるべに』
という本の読者だったんです!


親子二代にわたって、わたしの本を
読んでくださっているなんて。(>_<)
こういうことってあるんですね~。
なんだか、不思議なつながりを感じちゃった。



みなさんからのお便りで、
元気をもらってばっかりのわたしですが、
ようやく、グッドニュースの発表です!


お待たせしました!

9月に、講談社青い鳥文庫から
新刊を出版します!!


しかも、今回は
初チャレンジのノンフィクション。


くわしくは、青い鳥文庫公式サイトを
見てみてくださいね。

このBlogでも、
またお知らせするので、お楽しみに☆