セルフもイイけど……

From 倉橋燿子


最近はずっと新作の執筆が続いてたけど、
やっと一段落ついたし、
暖かくなって春めいてきたし、
買い物ついでにGUに寄ってみた。


ファストファッションは、
とにかく値段が安いのに、
かわいいし、着やすいので、
ボトムスにしろ、トップスにしろ、
ついついたくさん買ってしまう。


今日も、春もののトップスと
ワイドパンツのかわいいのを
見つけてしまい、買ってしまった(^-^;



それにしても、去年から
GUがセルフレジになって以来、
一人でうまくできた試しがない。


手には商品、肩にはバッグ、
そこから財布を出して……、
な~んてやっていると、
全部がごっちゃになって、
ワタワタしてしまうのだ。



せっかくのセルフレジなのに、
結局は店員さんの手を煩わせて
ゴメンナサ~イ……(>_<)



でも、こういうセルフレジが、
これから先、スーパーやコンビニでも
どんどん導入されていくみたい。
(うーん、ついていけるのか不安。(+o+))



確かに、セルフレジだと人員削減にも
なるし、買う側も、慣れてしまえば
スピーディーで良い点も多いかもしれない。

支払いが最後までできた時は、
ちょっとした達成感があったりして、
意外とゲーム感覚で楽しめる面もある。


だけど……、

「サイズはこちらで合ってますか?」とか、
「現金とカードどちらになさいますか?」

とか、そういった決まったやりとり
だとしても、最後に店員さんとの
やり取りが全然なくなってしまうのは、
それはそれで味気がなくて、
ちょっと寂しい気がしちゃうな。



無人になった代表例といえば、
高速道路の料金所や、駅の自動改札。


有人改札の時は、駅員さんが
一人一人の切符を切ってくれて、
「どうぞ~」とか
「行ってらっしゃい」とか、
たまに言葉を交わしたりもしてたのよね。



今や東京では、ほぼ無人改札で、
すっかり自動改札にも慣れた。
駅員さんがいないことにも、
違和感すら感じなくなっちゃったな。



だけど、、
人と直接ふれあう機会が
どんどん減っていくのは、
やっぱりさみしい!>_<


なんて、、、
GUに行って、こんなことを考えてしまった。




【倉橋燿子作品紹介ページ】


【メッセージ・感想ページ】