本当にあった?恐怖のお話。

From 倉橋燿子


ちょっと遅くなりましたが、

新刊のお知らせです!



2月に短編集が発売されましたー!

しかも、わたしの大キライな

怖い話。。。



執筆依頼が来たときは、

「怖いのが大っきらいなわたしが、

 書けるのかしら…」

とだいぶ不安になりましたが、

自身の体験をヒントに、

書いてみました。


初挑戦の “怖い話”。

『本当にあった? 

 恐怖のお話 -闇-』  

(PHP)


10名の著書自身が体験したり、
見聞きしたりした
世にも恐怖の短編アンソロジー


この10名の中には、

青い鳥文庫でおなじみの

令丈ヒロ子先生も、

いらっしゃいますよ。



わたしが書いたお話のタイトルは、

『サイレントコール』。



あれは、20代のころのこと。


夜中になると、

電話がかかってくるんです。

毎晩、決まった時間に。



でも、

電話を取ると

すぐに切れてしまう。



その電話の正体が分かった時は、

言いようのない恐怖で

いっぱいに……。




とまあ、

このような自分の体験談をもとに、

ストーリーにしてみました。



人間の心の闇って、

時どき、ぞっとする

怖さがありますよね。|д゚)



『闇』の他にも、

『怪』、『魔』の3シリーズも発売中です。


【倉橋燿子の著書紹介】

【ご意見・ご感想】