大好き♡はっちゃん

From 倉橋燿子


このサイトのイラストにも登場している、

うちの愛犬“ハチ”が、今月で、11歳になりました!!


はっちゃん、おめでとう~~!

わたしが仕事で夜遅いので、ハチのライフスタイルも狂ってしまい、

朝弱く夜強い犬になってしまった!(^_^)

おかげで、朝の散歩は、目が覚めずに寝ぼけていて、

テンションは低いし、ヨタヨタだ。笑


             ☆


ハチは、犬にはめずらしく、すごくおとなしくて、恐がり。

例えば、道ばたに落ちているビニールに怯え、

工事の音や子どもたちのにぎやかな声に怯え、

テレビのサッカー中継に怯える。


夏休みの時期はタイヘンで、花火の音と若者たちの声に怯え、

散歩どころではなくなってしまう。


欲というものがあまりないのか、おやつをあげようにも、

少し遠いところで待っていて、

こちらが手を伸ばさないと、なかなか食べようとしない。

スタッフがいるワイワイとした我が家の中でも、

吠えることもなく静かに寝ていて、アピールの少ないハチ。

そのくせ、一番存在感があるようで、

ハチが黙って部屋のドアや窓の前に座りこんでいると、

誰かが必ず気づいて開けてくれるという技を習得している。


             ☆


家族の一員になった時から、そういった性格は変わらないけれど、

2,3歳の頃のハチのやんちゃっぷりは半端なく、

散歩中の脱走には、どれほど手を妬いたことか。(-_-;)

その頃のハチは、首を後ろに引いて、首輪をククッと抜くのがうまかった。

自由になったハチは、目をいたずらにキラッと光らせて、

ここぞとばかりに駆け出そうとポーズをとる。

「しまった!」と思い、瞬時につかまえようとするけど、

ハチのほうは、「ヤッタァ、自由だーー!」と言わんばかりに、

ターーーーッと脱走してしまう。


四車線もある車道を渡ろうとした時なんて、死ぬほどヒヤヒヤした。

「こらぁぁーーーー、ハチィ~~~~~!!!!」と追いかけると、

「こっち、こっちー♬」と、わたしの目を見たあと、飛び跳ねながら、駆けだす始末。

追いかけるわたしの息はハァハァ切れて、すっかりもてあそばれてしまうのだ。


その度に、周囲にいる人たちに協力してもらい、捕まえるまでが一苦労。

犬仲間の人たちが、協力してくれて捕まえたこともあれば、

偶然いたクリーニング屋のお兄ちゃんに、おやつで釣ってもらったこともある。

まったく知らない通りすがりの人に、

「赤いバンダナをしてる柴犬なら、向こうにいましたよー」

などと、教えてもらったこともあった。

あー、思い出すだけでヒヤヒヤするー!!(゚Д゚)


             ☆


そんなハチも、ようやく「ストップ!」の意味がわかるようになってくれた。

今では、「ハチ、待って」という小さな声にも反応するようになったし、

先に階段を上ったあと、わたしを待っていてくれるようにもなった。


しかも、前よりもずっと意思疎通ができるようになった。

散歩中、「そこ右ね~」とか「そっちじゃないよー」

などと声をかけながら歩くと、そのとおり歩いてくれる。


「はっちゃん、アッチの公園まで行こっか」と話しかければ、

うれしそうな笑顔で、おしりをフリフリさせながら、公園の方へと歩いていく。


やっぱり、犬でも話が通じるんだなぁ~~と実感!

            ☆


思えば、ハチはわたしたちの生活を豊かにしてくれている。

ハチのもふもふの毛をなでていると、仕事の疲れも飛んでいく。

ハチと散歩をすることで、木々や草花、虫たちの存在を、

ここまでじっくりと感じられたことは、かつてなかった。


人との出会いもたくさんもらえた。

道を歩いていて、知らない人と自然に会話をするなんてことは、

東京に出てきてからは、こんなになかった。


かれこれ10年来の「犬仲間」メンバーとも、

ハチがいなければ出会えていない。

ハチさまさま、だ。

数年前と比べると、目ぢからがなくなってきて、

なんだか、だいぶおじいちゃんになってきたハチ。

人間で言うと、70歳弱くらい、かな?


これからも、まだまだ長生きして、元気でいてほしいな。

大好きなはっちゃん。これからも、よろしくね!



0コメント

  • 1000 / 1000