どこまでもドジ。

From 倉橋 燿子

先日、東京のはずれまで用があり、
電車に乗ったときのこと。


肩からはバッグをかけ、
右手にはトートバッグ。
腕には傘を引っかけ、
左手にはジージャンを抱えていた。


こんな状況で、
30分も立ちっぱなしはキツイ。
なんとか座りたいなー。
でも、周りの席はどこも空いてない。


ようやく次の駅で電車が止ると、
キセキ的に一つだけ席が空いた。

「よし!空いたっ!」

オバサン根性丸出しで、
空いた席めがけて
移動しようとしたその時……。
手に持っていたジージャンが、
びろ~~~~~ん
と床に落ちて広がってしまった。

っもうっ! なんでこんなときに!!

踏みそうになりながらも慌てて拾うと、
今度は腕から傘が落ちた。
しかも、
その場でバーンと派手に開いてしまった。

わー、サイアク。
しかも、なんでここで開くの?

周りの人も驚いた顔でこちらを見ている。
一躍、注目の的だ。


そりゃそうだ。
電車の中でいきなり傘を開く人なんて
いないんだから……。


ペコペコと周りの人に「スミマセン」
を連発しながら、なんとか傘を閉じる。
やっとのことで座ろうとしたところ……。



「2度あることは3度ある」
と言うけれど。



今度はスマホのイヤホンが外れて、
聴いていた曲がジャンジャン外に
流れ始めるという始末……。(゜Д゜)

しかも、聴いていたのは、
「欅坂46」の曲。


イタイ。これはイタイ。
トドメを刺された。

周りの人たちも、
クスクス笑いを堪えている。


「違うんです! これは、今、執筆中の
 作品のテーマソングにしていて!
 ファンとかじゃないんです!」


――言いたい!でもガマン!
もうこれ以上、目立ってはイカン!
あー、ハズカシイ。


でも、私の「座りたい」という気持ちは、
この羞恥心にまさり、
結局、車両を変えることもなく、
おとなしくめざしてた席に
おさまったのだった。

もう、こうなりゃヤケクソ……。
どうか笑ってやってください。(ToT)


それにしても、
さぞや騒がしかっただろうな……。


はぁ……。
わたしのドジは、どこまで行くのか。


★9月9日ごろ発売予定★
『生きているだけでいい!
 馬たちがおしえてくれたこと』
      (講談社青い鳥文庫)

くわしくは、青い鳥文庫公式サイトをチェック!