新刊、二冊同時発売!!


From 倉橋燿子

9月はなんと、二冊同時発売!!


しかも、偶然にも
それぞれ「馬」と「犬」の本。

馬はノンフィクション
犬はフィクションです!


まずは、
以前ブログでも紹介した、こちら☆


『生きているだけでいい!
 -馬がおしえてくれたこと-』

青い鳥文庫公式サイト (試し読み有り)
http://aoitori.kodansha.co.jp/



早くも発売日すぐに反響が。
「命の大切さを感じて、感動しました!」
「馬好きな友だちにも紹介したいから、
   2冊買っちゃいました!」
などと、うれしい限り!


中には、
「馬って、こんなに気持ちが通じ合う
   動物なんですね。馬に乗ったことも
 触ったこともないので、この本を読んで、
 馬に会いに行きたくなりました!」
という方も。


私も、初めて馬に触れた時、
まさに同じ気持ちになりました。



馬って、実はとっても
人の気持ちが分かる動物。


乗ってるこちらが、「怖いな」「不安だな」
と思えば、その気持ちが馬にも伝わって
不安がらせてしまう。
逆に、愛情をもって接すれば、
その気持ちに答えてくれる。

だから、自分をしっかり持っていれば、
こちらが行きたい方向にだって、
ちゃ~んと動いてくれるんです。


私の場合は、怖くてびくびくしながら
乗ってしまうので、必ずと言っていいほど
落とされてしまうのだけど…(ToT)



このお話の主人公は、
幼なじみの沼田恭子さん。
家が向かい同士だった私たちは、
姉妹のように育ち、
小さい頃は何をするにもいつも一緒。


馬のことなど何も知らなかった沼田さんが、
ご主人を亡くしたことをきっかけに、
乗馬倶楽部を受け継ぎ、馬の命を守る
ために、NPO法人『引退馬協会』を立上げ、
今や、馬のために日々奔走している。


そんな沼田さんを、長年見続けてきた私が、
彼女に成り代わって書いたのが、この本。


役に立たなくなったら、もういらない。
馬を生かすも殺すも人間の都合次第。
――それで、いいのだろうか?
そう疑問に思った沼田恭子さんは
夢の実現に向けて歩き出したのです。


沼田さんが馬たちから
気づかされたこととは――?


馬好きな方も、
馬とまだ触れあったことがない方も、
ぜひ読んで見てくださいね。


       ☆


そして、もう一冊は・・・


ポプラ社ポケット文庫から、
『神様がくれた犬
 ドンのハッピー新聞』が発売!

★ポプラポケット文庫公式サイト
https://www.poplar.co.jp/pocket/


飼い主に見放されてしまった
ゴールデンレトリバー犬と、アズとスズ
というふたりの少女の物語☆


今回、文庫版として、リニューアル。
挿絵を担当してくださったnaotoさんが描いて
くださったイラストが、とってもかわいい!
『神様がくれた犬』というタイトルも、
かなり気に入ってます。



というのも、この本を書くきっかけに
なったのが、12年前にわが家に
来てくれた、柴犬ハチ。

ハチが来た当初は、ハチのやんちゃな
行動に、すっかり振り回され、右往左往。
散歩に行けば脱走され、
必死で追いかければ、逃げられる始末。


そんなハチも、もうすっかりおじいちゃん。
神様のプレゼントのように、
わが家に来てくれたハチ。
いつまでも、元気でいてほしいものです。



この物語に登場する新聞委員の
アズとスズは、小学6年生の仲良し。
飼い主に見放されてしまった“ドン”と
出会ったことから、ふたりはドンを
助けるために、大奮闘。


自分たちで作った新聞で、たくさんの人に
飼ってもらえないかと呼びかけたり、
校長先生に掛け合ったり、
今までやったことがないことを
必死に一生懸命、やっていきます。


そんな二人の少女たちが、「ドン」と
出会い、どんなふうに成長していくか、
ぜひ読んでみてくださいね。


【リンク】

★青い鳥文庫公式サイト
http://aoitori.kodansha.co.jp/


★認定NPO法人 引退馬協会(ブログ)

http://rha.or.jp/n/

★乗馬倶楽部イグレット

http://www.egret.co.jp/


★ポプラ社ポプラポケット文庫
https://www.poplar.co.jp/pocket/