ハチのお出迎え

From 倉橋燿子

ピンポーンとチャイムが鳴ると、

1月で11歳になった柴犬ハチが、

「アゥ〜〜、アゥ〜〜〜〜」としきりに高い声を出し、

仕事部屋のパソコンの前に座っている私を呼びに来る。


青い鳥編集部のTさんが、打ち合わせにやって来られたのだ。

Tさんが自宅マンションの下でチャイムを鳴らすだけで、

ハチは、なぜだかすぐに察知して、

まだTさんの姿を見ていないのに、喜びを顕わにする。


いつもはまったく吠えない大人しいハチが、

毎朝夕のオヤツのおねだりの時以外で、

こんな甘えた声をだすのは、Tさんが来られた時だけだ。



玄関のドアを開け、Tさんが入ってくると、

ハチは耳をぺったりと寝かせて、床に体がつきそうな格好で、

しきりに足をばたつかせる。


「アゥ~~、アゥ~~」バタバタバタ。

もう大興奮だ。


喜びを体全体で表わし、玄関からリビングへとTさんを先導する。

Tさんが椅子に座ると、今度はちょうど手の届くところに

自分の首の位置を合わせて、そっと寄りそう。

撫でてもらおうという作戦らしい。

ひとしきり撫でてもらい、わたしとTさんが仕事の話を始めると、

安心したように、ふっといなくなる。


Tさんとの打ち合わせは、

このような和やかなムードで始まるのが常だ。




Tさんは、編集部に届いた読者からのファンレターを渡してくださったり、

先日新刊発売に向けてサイン色紙を描いた書店先から、

お礼のメールを頂いたなどの報告をしてくださった。

私の故郷でもある広島の書店さんが、サイン色紙を飾って下さったそうだ。

この場をお借りして、ありがとうございます!

そして、お手紙をくださった読者のみなさん、ありがとうございます!



『ポレポレ日記(ダイアリー)』シリーズの、

次の巻、第4弾の内容についての打ち合わせも無事に終え、

「それじゃあ、そろそろ」とTさんが立ち上がると、

ソファで寝ていたハチが、再び起き出した。


玄関に向かうTさんに、必死にしっぽを振って

「帰らないで」アピールをするも虚しく、

Tさんは靴を履き、玄関のドアを開ける。

お礼の挨拶をして、ふとハチを探すと・・・

「去り際は見たくないんだ・・・」とばかりに

肩を落として廊下をトボトボ歩いていく、しょぼんとした後ろ姿に、

二人で大笑いしてしまった。