ラッキー富士山!?


From 倉橋燿子

ゴールデンウィークに、講演のため帰郷したばかりなのに、

2週間後、またまた法事のため広島へ行くことになった。


ということで、いざ、広島へ!

機中、思わぬ絶景に出会えた!

さすがは富士山、おっきいーっ!!!

空から見たのは、初めてだ。


しかも、わたしの隣の席には、

20代前半くらいのイケメンくんが・・・(・∀・)♡

こんなに晴れがましい絶景を両側に見られるなんて。

「今日は良い日だなぁ~♪」

な~んて、ウキウキしていたが、

それだけでは終わらなかった・・・。



隣のイケメンくんは、真剣な表情でパソコンに向かっていた。

チラチラと横目で見ると「〇〇についての研究書」

というタイトルの文章をまとめている。

それを見て、私も「そうだそうだ」と思い出し、

バッグから資料を取り出し仕事を始めることにした。

かけていた眼鏡だと文字が見えづらいので、眼鏡をひざの上に置く。

読み終わって再び眼鏡を取ろうとすると・・・。


「あれ・・・???」

眼鏡が消えている。


足元を覗いてみたり、バッグの中を探してみたり、

膝掛けをめくってみたり、座席のお尻辺りを探ってみたりと、

いろんなところをゴソゴソと探してみたが、どこにもない。

隣では、イケメンくんがあまりに熱心に仕事をしている。

「邪魔をしてはいけない」と、そぉーっと動作を抑えてゴソゴソと探してみる。

でも、・・・ない。いくら探しても見つからない。

「着陸してから探すことにしよう」と気持ちを切り替えようとするのだけれど、

どうしても気になってしまう。


「まずは落ち着かなきゃ」


アテンドのお姉さんにコーヒーを頼んでみる。

コーヒーにミルクを少しだけ入れて、残りはテーブルに置いた。


ふぅ・・・。ホッと一息。


それにしても、眼鏡はどこへ行ってしまったのだろうか。

そればっかり考えている。

結局落ち着けずに、足元をもう一度探そうとしたその瞬間・・・。

コーヒーミルクの入れ物が空中を飛んだ。

そして、イケメンくんのひざの上に落ち、スーツのズボンにミルクが・・・!!


すみませんを何度も連発し、ハンカチでゴシゴシと拭く。

「いいですよ、ホントに」

イケメンくんは、優しく微笑んでくれたが、恥ずかしすぎて目も見れない。

下を向いてひたすらゴシゴシ・・・。


肩身の狭い思いで席に座り直すと、

さっき置き直したコーヒーミルクが

今度はわたしのひざの上に落ちてきた。


「あぁぁぁぁ・・・!!」


私は、またしても必死で拭くことになった。

同時に、着陸のアナウンスが流れる。

隣のイケメンくんのパソコンをチラ見すると、

さっき見た画面と同じページを表示したままだった。


これだけ隣の席でワサワサしていたのだ。

まったく集中できず、はかどらなかったんだろう。

悪いことをしてしまった。(T_T)

「邪魔をしてはいけない」と気をつけていたのに、

思いっきり邪魔をしていた私・・・。



忘れもの&無くしものは、小学生の時からの私の十八番。

おっちょこちょいで何かしらやらかすのも、十八番。

この性分は、小さい頃からまったく変わらない。


そうして、飛行機は無事に着陸。

前の座席の人が立ち上がった時、「あ・・・」と声がした。

「あの、もしかしてこの眼鏡・・・」と差しだしてくれたのは、

ずーっと探していた眼鏡だった。

前の席の人の足元に落ちていたらしい。


隣のイケメン君が、横から「良かったですね」

と笑顔で声をかけてくれた。


はぁ~~・・・。

ごめんなさい、イケメンくん・・・。

本当にお騒がせしました。


優しくされるほど、申し訳なさが倍増する。

あーあ、自分のドジさが嫌になる。



ラッキー富士は、わたしの行いによって、

アンラッキー富士になってしまった。(~o~)



0コメント

  • 1000 / 1000